妊娠期のお口の状態

ホルモンのバランスが変わり、唾液(つば)の分泌量が減り、粘っこくなり、酸性になる

つわりや体調の変化で、歯磨きがきちんとできない

食事回数の増加や時間が不規則になりお口の中が汚れやすくなる

甘いもの、酸っぱいものが食べたくなるなど食べものの好みが変わる

このように、お口の中の状態が悪化することで、歯のトラブルが起こりやすくなります。

昔から「子どもを産むと歯が弱くなる」「妊婦は赤ちゃんにカルシウムをとられてしまって歯がボロボロになる」などと言われますが、これは医学的には全く根拠のない話です。

虫歯が多いのは、つわりで歯磨きがつらい、ちょこちょこ食いが多くなってしまうことなどが原因です。

産後は子育てに忙しく、どうしても自分の歯のケアは後回しにしがちです。このことから、歯周病菌が増え、「歯がボロボロ」になってしまうのです。

妊娠期のケア

  • フッ素入りのハミガキ剤を使用し、1日2回のブラッシング
  • 1日1回のデンタルフロス
  • 1日4~5回の食後にキシリトール100%のガムを噛む
  • 炭酸飲料は避け、お茶、お水を摂る
  • フルーツジュースではなく、新鮮なフルーツを摂取する。
    (つわりが辛い時期は)
  • タンパク質豊富なチーズなどを摂取。
  • 吐いてしまった後は、ベーキングソーダ水でうがいをする。(吐いた後は、お口の中がさらに酸性に傾いているので、歯が溶けている状態。それを中和する必要があります。)
  • やわらかめの歯ブラシを用い、フッ素入りのハミガキ剤を使用する。
  • 寝る前に歯の再石灰化を助けるために、フッ素で洗口する。

妊娠期の歯科治療

Q.歯科治療を受けても大丈夫?

妊娠初期にはつわりがひどかったり、流産の危険もあるので応急的な処置でとどめることがあります。

妊娠後期では仰向けで治療を受けるのが大変です。

したがって、妊娠5~7か月の安定期が最も治療を受けるには適しています。

この時期であれば虫歯などの一般的な歯科治療は何ら心配なく受けていただけます。

Q.レントゲン写真を撮っても大丈夫?

歯科で用いるエックス線は、赤ちゃんに直接エックス線が当たることはないので危険度は相当低いです。

さらに防護用の鉛のエプロンを着用していただいて撮影を行うので問題はありません。

また、当院では最新のデジタルレントゲンを採用しており、従来の1/?4~1?/?10?の放射線量なので安心です。

Q.麻酔の注射は大丈夫?

痛みを我慢して治療を受ける方がかえって母子ともにストレスになることもあるので、必要に応じて麻酔を行なうこともあります。

歯科麻酔は局所麻酔であり、麻酔薬の使用量も非常に少量で済むので、順調な妊娠中であればお腹の赤ちゃんにまで影響を及ぼすことはまずありません。

Q.お薬を飲んでも大丈夫?

基本的には、お薬を使用しない方向で考えます。

ただ、お薬を使用しないことにより悪い影響を与える可能性がある場合は、妊娠中に使用しても影響が少ないお薬を必要最低限処方することがあります。