マイナス1歳とは、胎児期つまり妊娠中のことです。

お子さんの歯を虫歯から守る為には、生まれる前から取り組む時代なのです。

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には、むし歯菌(ミュータンス菌)はいません。

むし歯の原因菌は、お子様と接している大人からうつるといわれています。

10ヶ月間赤ちゃんはお母さんのおなかの中で育ち、そして生まれてからも、お母さんと常に一緒の生活をおくります。

むし歯菌は、接触頻度の高いお母さんから感染する(母子感染といいます)可能性が85%以上です。

ですからむし歯予防のキーワードは「お母さん」、あなたなのです。

むし歯予防のキーワードは「お母さん」

妊娠中だからこそ取り組めるむし歯予防があるのです。

あなたのお口の中に住んでいるむし歯菌を減らして、母子感染の危険を低くする方法、楽しく出来るむし歯予防の方法を、たくさん知って頂きたいのです。