愛知県豊田市若林の若林歯科は、一生健康で豊かな生活を送るために、自分の歯で噛むことが、非常に大切な役割を果たしていると考えています。
ブログ
  • HOME »
  • 床矯正治療のページ

床矯正治療のページ

床矯正治療とは

矯正治療と聞くと歯の表面に金属を付けている人を想像するのではないでしょうか?または、矯正治療の相談をしたことがある人なら、高額な治療のイメージがあるかもしれません。もちろん成人の方が矯正専門医の先生の治療を受ける場合はそのような治療が必要になります。

床矯正治療は、基本的に成長期のお子さんが対象になります。「小さいころから歯医者さんにかかっているのにどんどん歯並びが悪くなってしまう・・・」「矯正の相談をしたけど大人の歯が全部生えるまで待ちましょう」といわれた。などお母さんやお父さんからよく聞きます。私達も今までは矯正治療は大人の歯が生え揃ってからと考えてきました。

しかし、歯並びが悪くなるのがわかっているのに、このまま何もすることが無くていいのか?矯正治療ができるようになるまでに悪い歯並びのせいで虫歯をつくってしまう。このままでいいのか・・・と考えていたときに出会ったのが鈴木設也先生の床矯正研究会でした。

鈴木先生の矯正治療の考え方は

1.Biotherapy(生物学的機能療法)を基本として

2.メカニカルな(装置を使った)矯正治療を補助的に使うことです。

もっとも、装置を使わずにBiotherapyだけで簡単に歯並びが改善できるのは犬歯が生えるまでの小学校低学年です。

正しい顎の成長が正しい顔つき(かっこいい・かわいい)をつくります。

歯並びが悪いままでは、顎骨は正しく成長できません。顎骨が成長しないからさらに歯並びが悪くなる。正しく噛むことができない子は姿勢も悪く集中力も低下しがちです。大人の歯が生えるまでガタガタの歯並びのまま待つ必要は無いのです。難しい歯並びを難しく治すのではなく、難しくならないように早期に簡単に治療することが床矯正治療の考えです。

Biotherapy(生物学的機能療法)について

歯並びが悪くなる原因は、多くは歯が生えるスペースが足りないことに起因しています。ガタガタの歯並びはあごの成長不足の結果です。

床矯正研究会の考え方では、矯正治療というのは単に装置を使って歯を動かすことではありません。子供のころに正しく顎が成長すれば自らの力で自然に歯の位置は治るのです。

Biotherapy(生物学的機能療法)とは、歯並びが悪くなった原因を考え・改めることです。食事の環境を見直したり、悪い習癖をやめることで正しく歯が並ぼうとする力を助けてあげます。当院では、まず生活習慣についてお聞きします。自分の力で歯並びを治すことができればそれが一番良い方法だと考えているからです。Biotherapy(生物学的機能療法)だけでは治らないと考えられる場合に床装置を使って矯正治療を行います。

メカニカルな矯正治療について

Biotherapy(生物学的機能療法)による歯並びの改善だけでは難しい場合、装置を使うことになります。(ただし、装置を使うからといって生活習慣を改善しなくて良いわけではありません。)使う装置のことを床(しょう)と呼ぶので床矯正といいます。

一般的に使用する装置の数は、犬歯が生える9~10歳までに治療を終えた場合は、上下で1~4種類の装置を使用します。犬歯が生えた後の9~10歳以降に終えた場合は上下で4~6種類の装置を使用します。(症例によってこれより少なくなったり多くなったりします。)

お子さんの歯並びがおかしいと思ったときが治療開始の時期です。早期に治療が開始できれば高額な費用をかけなくても歯並びは簡単に治るかもしれません。

ムーシールド

●筋機能訓練装置 ムーシルドとは

筋機能訓練装置 ムーシルド

今まで、三歳児検診などで反対咬合(いわゆる受け口)と診断を受けていても「大人の歯に生え変わるときに正常になることもあるから経過観察で」と言われたことはないでしょうか?私たちも、そのように説明してきたことがあります。なぜかというと、三歳児という低年齢期に効果的な治療法が存在しなかったからです。

ムーシルドは、三歳児という低年齢期から早期初期治療が開始できる口腔内装置です。しかも、口の中に固定するような矯正装置ではなく、夜寝ている間口の中にいれておくだけの簡単なものです。これからは、反対咬合(受け口)をただ経過観察するだけでなく、低年齢期から積極的に治療することをお勧めします。

ムーシールドによる治療法の考案者

調布矯正歯科クリニック 柳澤宗光先生の文献より

床矯正の失敗とは 1 「歯並びが綺麗にならなかった」編

床矯正治療は、本来極めて失敗の少ない治療法です。

では床矯正における失敗とは何でしょう?

それは、「歯並びが綺麗にならなかった」と「一旦綺麗になったけど後戻りした」だと思います。

では、なぜそのようなことが起こるのでしょう?
「歯並びが綺麗にならなかった」のは、歯が動かなかったということです。
歯が動かない理由の一番は、床装置の装着時間が短いことにあります。
若林歯科では、最低1日14時間の装着をお願いしています。

床矯正治療では、装置を入れている間歯が動いていますが、外した時点から後戻りしています。

一日は24時間ですので、装着時間12時間では動いた分と戻った分が同じで、結局、歯は動いていません。

14時間装着すると外していた10時間との差の4時間分歯が動いたことになります。

なら、「13時間でも良いではないか」と思うかもしれません。
確かに13時間装着していれば2時間分は歯は動いています。
しかし、せっかく歯並びを治すなら早く治したくないですか?
また、「昨日は14時間着けていたけど今日は8時間しか着けていなかった。」
これも後戻りして歯が動かない原因になります。
歯は移動させることは大変ですが元に戻すのは簡単です(ほっとけば戻ります)。
「毎日、最低14時間以上の装着」これは必須です。

若林歯科で治療している小学生の子たちは、毎日20時間以上床装置を装着している子が沢山います。

その子たちは、どんどん歯が動いています。1つの装置が6ヶ月ほどで終わるので、治療の期間も短くて済みます。

床矯正治療の主役は患者さん本人です。

「歯並びを治したい!!」と強く思っている子は、必ず綺麗に治ります。

床矯正の失敗とは 2「一旦綺麗になったけど後戻りした」編

次に「一旦綺麗になったけど後戻りした」のはなぜでしょう?

それは、悪習癖が原因の場合が多いのです。

例えば、頬杖をつく癖がある子は、下の歯の歯並びに手の型がついてしまいます。
舌で前歯を押す癖がある子は上と下の前歯が噛み合わなくなります。
下唇をかむ癖がある子や、親指をしゃぶる癖がある子は出っ歯になります。
せっかく歯並びを治しても、このような悪習癖が治っていないと必ず後戻りします。

若林歯科のスタッフは、悪習癖がないか待合室にも目を光らせています。
が悪習癖は、歯科医院に来ていただいたときだけ、で見つけるのは難しいことがあります。
そのような時はやはりお母さん・お父さん・おばあちゃん他ご家族の協力が必要です。
まずは、悪習癖を見つけて、その習癖が治るように支援してあげることが後戻りの予防になります。

お気軽にご相談ください

若林歯科で行っている床矯正治療は、歯並びを綺麗に見せるために行っているわけではありません。

歯並びが悪いことによって引き起こされている、顎の成長不足を改善させることが一番の治療目的です。

小学校の低学年で歯並びの悪い子は、しっかり噛めないことで顎の成長が不足します。それが、小学生の間の永久歯の生え変わりの時期に、どんどん悪くなってしまうのです。そして、さらに顎の成長が不足する、悪循環に陥ります。

そのため、若林歯科では、前歯が生え変わり始めた小学校入学前の健診をお薦めしています。

(もちろん、年齢にかかわらず保護者の方が変だなと思った時が受診の時期です。)

歯並びを綺麗にする矯正治療は、永久歯にすべて生え変わってからでも行えます。

ただし、それは成長不足の顎にどうにか綺麗に歯を並べる方法です。そのため、歯を抜くことが多いのです。

顎の成長を促す治療は、12歳ごろまでに開始しないと間に合いません。

気になることがあれば、是非ご相談ください。

無料メール相談フォームへ

若林歯科では、現在、床矯正治療の相談は30分以上の時間をかけて、歯科医師が無料で行っています。 これは、本来、有料で行うことですが、これからの未来を背負うお子さんの話なので特別に無料としています。

ただ、最近、非常にお問い合わせ・相談が多く、無料で続けることが困難になってきています。

いつまで無料で続けることができるかわかりませんが、可能な限りご相談をお受けしたいと思います。

PAGETOP
Copyright © 医療法人崇桜会若林歯科 All Rights Reserved.