☆歯磨きについて

歯ブラシ指導の様子

歯ブラシの感触に慣れさせるために、歯ブラシをお口の中に入れる練習をしましょう。
前歯しか生えていない時期は、”歯ブラシでゴシゴシ磨く”ことが目的ではなく、お口にブラシを入れることに慣れさせましょう。
赤ちゃんとの大切なスキンシップの時間です。

膝の上にころっと頭を乗せた体勢で行うことで、歯磨きに対する習慣づけができます。

この時期に、歯ブラシでしっかり磨けなくても虫歯になることはまずありません。
なぜなら、乳児は唾液が非常に多いので、前歯はつねに唾液で洗い流されているからです。
怖い顔で必死に歯磨きをする必要はありません。

「あなたのことが大切だから、気持ちよくしてあげるね」という愛情をいっぱい注いであげてください。

☆どんなものを使えばいいの?

リング式の歯ブラシ

リング式の歯ブラシお子さんに持たせる場合は、誤って喉をつかないように設計されたリング式の歯ブラシがオススメです。
お母さんの仕上げ用とは必ずわけましょう。

なぜなら、赤ちゃんはブラシを咬んでしまうので、すぐ毛先がボサボサになります。
「毛先が広がってしまうから赤ちゃんには持たせない」ではなく、赤ちゃんに「歯ブラシはお口にいれても安全なものなんだ」という経験をさせてあげてください。

この時期は、さまざまな感触をお口でたしかめる時期です。いろいろなものをお口に持っていっても神経質になりすぎないようにしましょう。

おかあさんの仕上げ用は、ブラシ部分がコンパクトなものが使いやすいです。
お口の中に入るものなので、清潔にし、1~2ヶ月で新しいものと交換してあげてください。

また、「歯がはえたら、ガーゼや綿棒でふき取りましょう」と書籍に書いてあることがよくあります。

もちろんやってあげることが意味がないわけではありませんが、先ほども述べたように、この時期の赤ちゃんの前歯はそんなに汚れることはありません。
ドラッグストア等で、”歯磨きナップ”のようなものが売られていますが、表示をよく見てください。
クエン酸という酸が含まれています。酸は歯を溶かす恐れがあります。あえて使用する必要はないと若林歯科では考えています。

☆フッ素は?

若林歯科では、歯が生えてきたらフッ素を使用しましょう、とお話しています。
日本では、「何もつけない歯ブラシで磨きましょう」という誤った歯磨き指導をいまだに行っている医院や行政があるようです。
むし歯予防のためには、フッ素は一番大切です。そのフッ素を正しく使うことができるように、歯科医院はしっかり情報提供ができなければいけないと思います。