赤ちゃんのいちばん最初の歯が頭を出すのは、生後6カ月くらいからで、下の前歯から生え始めるのが一般的ですが、生え始める時期や箇所もそれぞれで、上の前歯からの子もいますし、9カ月ころになってようやく初めての歯が生える子もいます。

人より遅い、下の前歯から順に生えないからといって、特に不安になる必要はありません。

歯の生え始め(萌出)の時期から、赤ちゃんのよだれの量が多くなります。
生まれてすぐの赤ちゃんは、おっぱいやミルクが唯一のごはん。口いっぱいに乳首を含み、口を開けたままでお乳を飲み込みます。
この時期の赤ちゃんは、基本的には鼻呼吸です。成長するにしたがって口も大きくなり、乳首以外のものも口に入れたがるようになります。

歯の萌出と時を同じくして、歯ぐきでものの感触を確かめ、自ずと口の使い方を練習するのです。
つまり、歯の萌出は離乳食開始のサインでもあるのです。

しかし、その時期はまだ唇を閉じて唾液を飲み込む(嚥下)ができないため、よだれを口の外にたらしてしまいがち。
食べる機能の発達とともに、唇を閉じて唾液を「ごっくん」できるようになるため、じきによだれの量は減ります。

下顎乳切歯口腔内萌出 生後8~9か月 上下顎乳歯口腔内萌出 1歳
下顎乳切歯口腔内萌出 生後8~9か月 上下顎乳歯口腔内萌出 1歳