次に「一旦綺麗になったけど後戻りした」のはなぜでしょう?

それは、悪習癖が原因の場合が多いのです。

例えば、頬杖をつく癖がある子は、下の歯の歯並びに手の型がついてしまいます。
舌で前歯を押す癖がある子は上と下の前歯が噛み合わなくなります。
下唇をかむ癖がある子や、親指をしゃぶる癖がある子は出っ歯になります。
せっかく歯並びを治しても、このような悪習癖が治っていないと必ず後戻りします。

若林歯科のスタッフは、悪習癖がないか待合室にも目を光らせています。
が悪習癖は、歯科医院に来ていただいたときだけ、で見つけるのは難しいことがあります。
そのような時はやはりお母さん・お父さん・おばあちゃん他ご家族の協力が必要です。
まずは、悪習癖を見つけて、その習癖が治るように支援してあげることが後戻りの予防になります。