矯正治療と聞くと歯の表面に金属を付けている人を想像するのではないでしょうか?または、矯正治療の相談をしたことがある人なら、高額な治療のイメージがあるかもしれません。もちろん成人の方が矯正専門医の先生の治療を受ける場合はそのような治療が必要になります。

床矯正治療は、基本的に成長期のお子さんが対象になります。「小さいころから歯医者さんにかかっているのにどんどん歯並びが悪くなってしまう・・・」「矯正の相談をしたけど大人の歯が全部生えるまで待ちましょう」といわれた。などお母さんやお父さんからよく聞きます。私達も今までは矯正治療は大人の歯が生え揃ってからと考えてきました。

しかし、歯並びが悪くなるのがわかっているのに、このまま何もすることが無くていいのか?矯正治療ができるようになるまでに悪い歯並びのせいで虫歯をつくってしまう。このままでいいのか・・・と考えていたときに出会ったのが鈴木設也先生の床矯正研究会でした。

鈴木先生の矯正治療の考え方は

1.Biotherapy(生物学的機能療法)を基本として

2.メカニカルな(装置を使った)矯正治療を補助的に使うことです。

もっとも、装置を使わずにBiotherapyだけで簡単に歯並びが改善できるのは犬歯が生えるまでの小学校低学年です。

正しい顎の成長が正しい顔つき(かっこいい・かわいい)をつくります。

歯並びが悪いままでは、顎骨は正しく成長できません。顎骨が成長しないからさらに歯並びが悪くなる。正しく噛むことができない子は姿勢も悪く集中力も低下しがちです。大人の歯が生えるまでガタガタの歯並びのまま待つ必要は無いのです。難しい歯並びを難しく治すのではなく、難しくならないように早期に簡単に治療することが床矯正治療の考えです。

Biotherapy(生物学的機能療法)について

歯並びが悪くなる原因は、多くは歯が生えるスペースが足りないことに起因しています。ガタガタの歯並びはあごの成長不足の結果です。

床矯正研究会の考え方では、矯正治療というのは単に装置を使って歯を動かすことではありません。子供のころに正しく顎が成長すれば自らの力で自然に歯の位置は治るのです。

Biotherapy(生物学的機能療法)とは、歯並びが悪くなった原因を考え・改めることです。食事の環境を見直したり、悪い習癖をやめることで正しく歯が並ぼうとする力を助けてあげます。当院では、まず生活習慣についてお聞きします。自分の力で歯並びを治すことができればそれが一番良い方法だと考えているからです。Biotherapy(生物学的機能療法)だけでは治らないと考えられる場合に床装置を使って矯正治療を行います。

メカニカルな矯正治療について

Biotherapy(生物学的機能療法)による歯並びの改善だけでは難しい場合、装置を使うことになります。(ただし、装置を使うからといって生活習慣を改善しなくて良いわけではありません。)使う装置のことを床(しょう)と呼ぶので床矯正といいます。

一般的に使用する装置の数は、犬歯が生える9~10歳までに治療を終えた場合は、上下で1~4種類の装置を使用します。犬歯が生えた後の9~10歳以降に終えた場合は上下で4~6種類の装置を使用します。(症例によってこれより少なくなったり多くなったりします。)

お子さんの歯並びがおかしいと思ったときが治療開始の時期です。早期に治療が開始できれば高額な費用をかけなくても歯並びは簡単に治るかもしれません。