☆歯磨きについて

お子さんによっては、奥歯が生えてくる時期です。
奥歯は前歯と違い、歯の形も複雑で、唾液の力だけでは汚れは落ちません。
奥歯の溝や歯と歯の間が、むし歯のできる危険性があるので、奥歯をしっかりケアしましょう。
また、奥歯の歯と歯の間は、歯ブラシではケアできません。デンタルフロスでしっかりプラーク取り除きましょう。

「あなたのことが大切だから、気持ちよくしてあげるね」という愛情をいっぱい注いであげてください。

歯を磨いてもらうって気持ちがいいなあ⇒自分でも気持ちよくしたい!

という、セルフケアの心が芽生えます。

☆どんなものを使えばいいの?

お子さんに持たせる場合は、柄が短く握りやすいものがオススメ。
お母さんの仕上げ用とは必ずわけましょう。
仕上げ用は、ブラシ部分がコンパクトなものが使いやすいです。
お口の中に入るものなので、清潔にし、1ヶ月で新しいものと交換してあげてください。

デンタルフロスは、Y字型のハンドルがついたものが使いやすいですよ。

デンタルフロス

お子さん用の、フロスもあります。

お子さん用の、フロス

フロスちゃん

またお母さんが使っているものは、子供も興味を持ちます。
ぜひお子さんの前で、ご自分の歯でフロスを使用するところをみせてあげてください。

☆フッ素は?

若林歯科では、歯が生えてきたらフッ素を使用しましょう、とお話しています。
日本では、「何もつけない歯ブラシで磨きましょう」という誤った歯磨き指導をいまだに行っている医院や行政があるようです。
むし歯予防のためには、フッ素は一番大切です。そのフッ素を正しく使うことができるように、歯科医院はしっかり情報提供ができなければいけないと思います。